まちなか彫刻 遊歩公園周辺

昭和25年、焦土と化した街の復興を願って造られた遊歩公園には、大分を文化の香り高い街にと、当時の上田保市長によって、県出身の彫塑家 朝倉文夫作「瀧廉太郎君像」と「みどりのかげ」が設置されました。今では、大分の歴史と文化を象徴する彫刻群を有する公園です。

■電話:

097-537-5976(公園緑地課)

■アクセス:

大分駅から750m (徒歩10分)

■主な制作者:

朝倉文夫,圓鍔勝三,北村西望,古賀忠雄,佐藤忠良,富永直樹,舟越保武※50音順

■URL:

http://www.city.oita.lg.jp/www/contents/1000000020175/index.html